第271回つどい「介護上での悩みや相談、介護タイプ別」グループワークを実施しました。

2012年4月6日(金)、第271回つどい「介護上での悩みや相談、介護タイプ別」グループワークを実施しました。
会員の皆さんを中心に、25名の方に参加いただきました。

当日は、北沢啓子さんより「施設の選び方と入所タイミング」というタイトルで、30分ほど講演いただき、その後は4つのグループに分かれ、意見交換しました。
グループ分けの基準は要介護者の状態で、症状が「軽度」「中度」「重度」「末期」の4つのグループに、皆さん自発的に分かれて参加しました。
一つのグループにつき、だいたい6人前後の参加者があり、ほぼ均等に分かれていました。
グループワークの時間は1時間程度でしたが、小グループに分かれていたため、どなたもじっくりとお話ができたようでした。
非常に密度の濃い時間となったのではないでしょうか?

グループワークの内容ですが、どのグループも、介護の相談から近況報告まで、多岐にわたりました。
相談に対しては真剣なやり取りをかわす一方で、終始笑顔を絶やさない参加者の皆さんの雰囲気が、非常に印象的でした。
初めての試みでしたが、グループワークは和やかに終了しました。

なお、このグループワークの試みは、今後も機会を見つけて継続したいと考えています。

写真は、終了後の一枚です。
右から、会員の中静誠さん、同じく中静弘子さん、講師の北沢啓子さん、大阪府支部代表の坂口義弘さんです。

広告