第280回つどい「精神科病院で、認知症患者さんをケアする」を開催しました。

photo_20131225

2013 年12月6日(金) 、講師として本多秀治先生(七山病院・副院長)をお招きし、第280回つどい「精神科病院で、認知症患者さんをケアする」を開催しました。
当日は30名の皆さま(女性20名、男性10名)にご参加いただき、初めて参加される方にも多数お越しいただきました。

本多先生には、七山病院の歴史を踏まえながら、病院・施設で実際に行われているケアの特徴について、1時間以上にわたってご講演いただきました。
また講演後には、会場から介護の悩みについて質問を頂戴し、本多先生にお答えいただきました。
時間の許す限り質問を頂戴し、ときには他の会員の皆さまの意見も交えながら、活発な質疑応答が行われました。

写真は、「つどい」終了後の一枚です。

左から、参加者の片木谷真弓さん、世話人の登文子さん、本多秀治先生、坂口義弘代表です。

広告