第284回つどいは、河内長野市に出前します!「軽度認知障がいと初期認知症講演会」

2014年5月10日(土)、大阪府支部はふだんの会場を離れ、河内長野市で出前講演会&つどいを開催します。なおこの講演会は、河内長野市の「市制施行60 周年事業」でもあります。
お誘いあわせの上、ご参加下さい。

  • テーマ:軽度認知障がいと初期認知症講演会――物忘れが始まった時どうすればいいのか
  • 日時:2014 年5月10日(土) 13時30分~15時30分
  • 会場河内長野市民交流センター・キックス(KICCS)、3F大会議室
  • 講師:本町診療所・山本秀樹先生(所長)
    • 認知症の人と家族の会大阪府支部顧問。
    • 米国ヒューストンで10年間認知症医療に携わる。2001年池田市にて同医院を開設。今日まで多数の認知症患者を診ている。
    • 診療科目は、内科・神経内科・リハビリテーション科・老年科のほか、認知症専門外来も行い各地に講師として活躍。
  • 定員:100名
    • 要申し込み。申し込みは、4月7日より受け付けています。
    • 申し込みは、認知症の人と家族の会大阪府支部(Tel/Fax 06‐6626-4936)または、河内長野市いきいき高齢課(Tel:0721‐53‐1111/Fax:0721‐50‐1088)まで、お願いいたします。

つどいのチラシは、こちらをクリックしてください! > 「軽度認知障がいと初期認知症講演会」チラシ

広告

第283回つどいのお知らせ「24時間対応の訪問看護ステーションの実際」

第283回つどいのお知らせです。

お誘いあわせの上、ご参加下さい。
なお、今回のつどいは「つくしの会」との合同開催です。

また今回のつどいは、「2014年度大阪府支部総会」を開催する関係で、日程と開始時間が普段と異なっています。ご注意ください。

2014年度、支部総会のお知らせ

2014年4月11日(金)の13時から、2014年度支部総会を開催します。
会員の方は、ぜひご参加ください。

支部総会は会員のみの参加可能です。会員でない方のご入場はご遠慮下さい。

なお、支部総会終了後「つどい」と「つくしの会」を合同で開催します。

  • 日時:2014年4月11日(金) 13時~13時45分
  • 場所大阪市立阿倍野市民学習センター・3階研修室
  • 議事
    • ①平成25年度事業報告ならびに会計決算報告
    • ②平成26年度事業計画ならびに予算案
    • ③認知症の人と家族の会本部総会代議員選出
      • 2014年6月7日(土)に開催される、「公益社団法人認知症の人と家族の会」2014年度総会のための、大阪府支部の代議員を選出します。
      • 代議員は、1月末時点の正会員数に応じて定められており、大阪府支部は正代議員4名、補欠代議員2名です。
        • 総会の日程等
          • 日時:2014 年6 月7 日(土) 13時~15時
          • 会場:京都国際ホテル・扇の間(2F)
    • 代議員には正会員であればだれでも立候補できます。
    • 立候補を希望される方は、支部総会の1 週間前(4 月4 日[金]の15 時)までに、支部代表まで申し出で下さい。
      • (支部事務所の開館日は平日の月・水・金の11 時~15時までです)
    • また、代議員でなくても本部総会に出席し発言することができます。
    • 支部世話人会では、次の方を代議員として推薦しています。
      • 代議員
        • 濱名猛 (支部副代表)
        • 木寺喜義 (支部副代表)
        • 松南真佐子 (世話人)
        • 西川勝 (世話人)
      • 補欠代議員
        • 上崎智子 (世話人)
        • 澤田カヨ子 (世話人)

『ふれあい・おおさか』2014年3月号掲載のお知らせ

大阪府支部機関誌『ふれあい・おおさか』2014年3月号を、ホームページ上から閲覧可能にしました。

この記事の下にあるリンクをクリックすると、PDF 形式で表示されます。
会への参加を考えている方や、介護に関する情報を集めている方などに、幅広くご覧いただけたらと思います。

ここをクリック!> 『ふれあい・おおさか』3月号

第282回つどい、「認知症講演会&家族のつどい in 田尻町」を開催しました。

IMAG21102014年3月1日、講師として山本秀樹先生(本町診療所・所長)をお招きし、第282回つどい「認知症講演会&家族のつどい in 田尻町」を開催しました。
現在、田尻町には介護者家族の会がないということもあり、今回はこうした「出前つどい」を試みました。
当日は雨模様の中、50名近い方々にご参加いただき、ニーズの高さを感じました。

前半は講演会形式で山本先生にお話しいただき、認知症の特徴について分かりやすくお話しいただきました。
質問コーナーでは、いくつかの切実な質問が寄せられましたが、山本先生にたいへん熱心にご回答いただきました。
後半はいくつかのグループにわかれ、それぞれにテーブルを囲みながら思い思いに意見を交換していただきました。

写真は、つどい終了後の一枚です。
左から、会員の井上さん、坂口代表、田中さん、浜名副代表、そして田尻町地域包括支援センター・花みずきの金和子さん、生田智里さんです。

第281回つどい「介護困りごと相談 」を開催しました。

IMAG20402014年2月7日、講師として小林敏子先生(元・大阪市立弘済院付属病院)をお招きし、第281回つどい「介護困りごと相談 」を開催しました。
当日は34名の皆さま(女性22名、男性12名)にご参加いただき、様ざまな困りごとを相談していただきました。

つどいは前半と後半に分かれ、前半では6つの質問を取り上げ、主に小林先生にアドバイスをいただく形式をとりました。
当日は小林先生だけでなく、フロアの会員の皆さまからも、介護体験に根差した温かいアドバイスが、いくつも寄せられました。
後半は二つのグループにわかれ、それぞれにテーブルを囲みながら思い思いに意見を交換していただきました。

写真は、つどい終了後の一枚です。
左から、小林先生、河島さん、中島さん、坂口代表、竹内さん、浜名副代表、河島さん、竹内さんです。

「杉山孝博 Dr. の『介護・看護専門職のためのターミナルケア』研修講座」のご案内

2014年3月30日(日)、杉山孝博医師による「ターミナルケア」の研修講座が開催されます。

講座のタイトルには、「介護・看護専門職のための」とついていますが、介護家族の皆さまも大歓迎です。
杉山先生のお話はたいへん分かりやすく、介護家族の皆さまにもご好評いただいています。
この機会に、ぜひご参加ください。

現在、参加申し込みを Fax か郵送にて受け付けています。
参加申し込み用紙を兼ねたチラシを、PDF 形式で掲載します。
こちらを閲覧、印刷の上、お申し込みください。

こちらをクリックしてください! > 「杉山孝博 Dr. の『介護・看護専門職のためのターミナルケア』研修講座」チラシPDF版

なお、講座の概要は上のチラシにありますが、重要な項目のみ、下に転記します。
ご一読下さい。

  • テーマ:杉山孝博 Dr. の『介護・看護専門職のためのターミナルケア』研修講座
  • 日時:2014 年 3 月 30 日(日)10 時~16 時
  • 会場エル・おおさか
  • 参加費:一般 5,000 円/家族の会会員 4,000 円
  • 講師プロフィール:「認知症の人と家族の会」副代表理事、川崎幸クリニック院長
  • 講座内容:高齢者ターミナルケアの特徴/在宅あるいは施設におけるターミナルケアの意味と条件/告知/在宅ターミナルケアの実際と工夫/訪問看護と訪問介護の役割分担、ほか
  • 参加申し込みが必要です。:上のチラシを参考にしてください。