第285回つどい、「作業療法士からみた認知症介護の現状と課題」を開催しました。

IMG_06932014年6月6日、講師として横井賀津志さん(関西福祉科学大学・准教授)をお招きし、第285回つどい「作業療法士からみた認知症介護の現状と課題」を開催しました。

当日は、初参加の方を含む30名の皆さま(女性19名、男性11名)にご参加いただきました。

横井さんからは、学生時代のエピソード、そしてリハビリ専門職としての「反省」に基づいたお話を、ときにユーモアを交えながら、たいへんわかりやすく展開していただきました。
質問コーナーでは、初参加の方も含め、いくつも質問をお寄せいただきましたが、横井さんにはご講演に引き続き、丁寧にご回答いただきました。
なお、当日のご講演の様子は、機関誌『ふれあい・おおさか』2014年7月号の4ページから5ページにも掲載されています。
ホームページ上からも閲覧可能ですので、こちらのリンクをクリックしてください

つどい終了後、横井さん(右から3人目)を中心に、参加者で記念撮影をしました。

広告