2015年末及び新年2016年の電話相談について

大阪府支部の電話相談業務は、2015年内は12月25日(金)まで行います。また、新年2016年は1月6日(水)から再開します。

お間違えの無いよう、よろしくお願いします。

広告

第48回「つくしの会」のご案内

介護者の悲しみをわかちあう会です。
お昼を挟みますので、各自昼食をご用意下さい。皆で食事をしながら、楽しく思う存分お話をしましょう。

  • 日時:2015年12月11日(金)11時30分~14時
  • 会場:大阪市阿倍野区共立通1-6-13 地域交流スペース『NAKA』
  • 講師西川勝さん
    • 大阪大学コミュニケーションデザインセンター特任教授
  • 参加費:300円程度

第294回つどいのお知らせ「認知症の人の口腔ケアについて」

2015年12月4日(金)に開催される、第294回つどいのお知らせです。
お誘いあわせの上、ご参加下さい。

『ふれあい・おおさか』2015年11月号掲載のお知らせ

201511

大阪府支部機関誌『ふれあい・おおさか』2015年11月号を、ホームページ上から閲覧可能にしました。
この記事の下にあるリンクをクリックすると、PDF 形式で表示されます。

今回は、今後の介護保険制度改革の見通しや、10月3日に開催された「家族の会」全国研究集会の模様などを、紹介しています。
会への参加を考えている方や、介護に関する情報を集めている方などに、幅広くご覧いただけたらと思います。

ここをクリック!>『ふれあい・おおさか』2015年11月号

世界アルツハイマーデー記念講演2015「認知症『不可解な行動』には理由(わけ)がある」を開催しました。

ファイル 2015-11-03 3 57 42

2015年10月3日、講師として佐藤眞一先生(大阪大学大学院教授)をお招きし、世界アルツハイマーデー記念講演2015「認知症『不可解な行動』には理由(わけ)がある」を開催しました。

当日は、100名を超す来場者にご参加いただき、認知症への関心の高まりを、あらためて感じました。

佐藤先生には老年行動学の観点から、「そもそも『認知』とは何か?」「患者さんご本人はどんな感覚をもって生活しているのか?」などを、わかりやすくご講演いただきました。さらに当日は、テレノイド(人型コミュニケーションロボット)が認知症介護にもたらす可能性について、映像資料を交えつつお話しいただきました。質疑応答でも、フロアからたくさんの質問をいただき、盛会のうちに終了しました。

なお、当日もご紹介いただいた佐藤先生のご著書『認知症「不可解な行動」には理由(わけ)がある』は、書店やインターネットで購入可能です。当日参加できなかった方も、ぜひ手に取ってみて下さい。

ファイル 2015-11-03 3 55 03ご講演終了後、佐藤先生を中心に記念撮影を行いました。右端から、千住さん(世話人)、奥田さん(世話人)、城崎さん(世話人)、佐藤先生、木寺さん(副代表)、松南さん(世話人)、澤田さん(世話人)です。

『ふれあい・おおさか』2015年10月号掲載のお知らせ

ふれあいおおさか201510

大阪府支部機関誌『ふれあい・おおさか』2015年10月号を、ホームページ上から閲覧可能にしました。
この記事の下にあるリンクをクリックすると、PDF 形式で表示されます。

今回は、2018年度の介護保険制度改革の見通しなど、時事ニュースを中心に紹介しています。
会への参加を考えている方や、介護に関する情報を集めている方などに、幅広くご覧いただけたらと思います。

ここをクリック!>『ふれあい・おおさか』2015年10月号