第308回つどい「暴れん坊と向き合った10年――デイサービスとピック病をケアすること」を開催しました。

2018年4月6日、講師に吉村全永(よしむら・まさえ)さん(デイサービスすみか寿代表・株式会社ウェルビーング)をお招きし、第308回つどい「暴れん坊と向き合った10年――デイサービスとピック病をケアすること」を開催しました。

当日は、初参加の方を含む26名(女性15名、男性11名)の皆さんに参加いただきました。

吉村さんからは、デイサービスで実際にケアされてきた皆さんのお話を中心に、前頭側頭型認知症のケアのあり方について講演いただきました。また講演後の質疑応答では、前頭側頭型認知症に限らず、在宅介護の不安や、専門職への教育のあり方について、幅広く議論させていただきました。

写真は、終了後の一枚です。左が坂口義弘・大阪府支部前代表。右が吉村さんです。

次回のつどいは、6月1日(金)の予定です。

広告