第312回つどい「認知症の本人・家族の well-being(安寧と幸福)を考える」を開催しました。

2018年10月5日(金)、関西医療大学の室谷牧子先生をお招きして、第312回つどい「認知症の本人・家族の well-being(安寧と幸福)を考える――前向きに生きること、周囲の環境と関係について皆で考えましょう」を開催しました。室谷先生のご講演の後には、同大保健看護学科の土田さん、上野さん、安藤さんにもご発表いただくなど、充実した集まりとなりました。

また当日はいつも通り、日常の介護についての悩み相談も受け付けました。当日の様子は「ふれあい・おおさか」2018年11月号に掲載されています。参加できなかった方はぜひご一読ください。

写真は、終了後の一枚です。左から室谷先生、木寺代表、土田さん、上野さん、安藤さんです。

第312回つどいのお知らせ「認知症の本人・家族の well-being(安寧と幸福)を考える――前向きに生きること、周囲の環境と関係について皆で考えましょう」

 高齢者の尊厳を保持し、ひとり一人の思いに寄り添うケアの充実が謳われて久しい。
 しかし、日本人は、思いをはっきり伝えることをどこか遠慮しがちで、特に、病気や介護のことになると、当事者抜きに周囲がことを進めてきた風習がある。本人、家族が人生の最期まで前向きに生き、「ああ、よかった」と思うためには、どうしたらいいのだろうか。
 近年、認知症当事者ご自身が表舞台に立ち、思いを語る機会が増え、著書の出版も増した。
 彼らの思いと、私自身がこの 10 年間、若年性認知症のご家族と交流を続け、見聞きした家族の体験・語りからポジティブに生きるためのメッセージを発信したい。
 皆さん、認知症のご本人であれ、家族という立場であれ、人生の最期を自分らしく、
 どう生きていますか? ぜひ一緒に考えましょう。

  • 日時:2018年10月5日(金) 13時30分~16時
  • 場所:大阪市立阿倍野市民学習センター3階研修室
  • テーマ:認知症の本人・家族の well-being(安寧と幸福)を考える――前向きに生きること、周囲の環境と関係について皆で考えましょう
  • 講師室谷牧子先生(関西医療大学・保健看護学部・保健看護学科)
    • 講師紹介:沖縄県宮古島市生。堺市地域包括支援センター、認知症地域支援推進員など歴任。若年性認知症地域支援システムの構築に尽力。平成 25 年から関西医療大学保健看護学部に勤務。認知症カフェ(くまとりオレンジの会)を結成し、町立図書館にて不定期に開催している。90歳の父親が87歳になる母親を介護している。二人の well-being を応援中。
  • 参加費:会員無料/会員以外500円

第311回つどい「大阪府の認知症施策について」を開催しました。

2018年8月3日(金)、大阪府福祉部高齢介護室の山本亜希子さんをお招きして、大阪府の認知症施策について、お話を伺いました。当日は猛暑の中、20名を超える方にご来場いただきました。ご講演後は初参加の皆さんも交え、府の施策への意見交換もさせていただきました。
また当日はいつも通り、日常の介護についての悩み相談も受け付けました。
当日の様子は「ふれあい・おおさか」2018年8月号に掲載されています。参加できなかった方はぜひご一読ください。

写真は、終了後の一枚です。山本さん(中央)、西川副代表(左)、木寺代表(右)の三人です。

Attachment-1

『ふれあい・おおさか』2018年9月号掲載のお知らせ

大阪府支部機関誌『ふれあい・おおさか』2018年9月号を、ホームページ上から閲覧可能にしました。この記事の下にあるリンクをクリックすると、PDF 形式で表示されます。

今月号にも、連載記事や10月のつどいのご案内などが掲載されています。ぜひご一読下さい。

ここをクリック!>『ふれあい・おおさか』2018年9月号

世界アルツハイマーデー記念講演2018のお知らせ「「ぼけ」ても心は生きている――認知症を知って備える」

  • テーマ:「ぼけ」ても心は生きている――認知症を知って備える
  • 日時:2018年9月24日(月・祝)13:00〜16:00
  • 講師:高見国生さん(「認知症の人と家族の会」前代表理事)
  • 会場: 大阪産業創造館E会議室
    • 住所:大阪市中央区1-4-5
    • 大阪メトロ(地下鉄)中央線・堺筋線「堺筋本町」駅から徒歩 5分
  • 参加費:会員、無料/非会員、500円(資料代)

予約は不要ですが、ふだんの「つどい」とは異なり土曜日の開催です。また会場も、「エル・おおさか」です。ご注意ください。非会員の皆さまもお気軽に、お誘いあわせの上ご参加ください。

お問い合わせは大阪府支部までお願いします。電話には、月・水・金の11時~15時まで対応できますが、この時間は介護者からの電話相談の時間を兼ねています。問い合わせが長時間に及ぶ場合は、この時間にアポイントメントをとり、できるだけ別の時刻にかけ直していただくよう、お願いいたします。

  • 住所: 〒545-0041  大阪市阿倍野区共立通1-1-9
  • TEL/FAX: 06-6626-4936

『ふれあい・おおさか』2018年8月号掲載のお知らせ

大阪府支部機関誌『ふれあい・おおさか』2018年8月号を、ホームページ上から閲覧可能にしました。この記事の下にあるリンクをクリックすると、PDF 形式で表示されます。

今月号も、8月のつどいの報告などが掲載されています。猛暑で参加できなかった方もいたのではないかと思います。ぜひご一読いただき、当日の議論の雰囲気を感じて下さい。

ここをクリック!>『ふれあい・おおさか』2018年8月号

第311回つどいのお知らせ「大阪府の認知症施策について」

2018年8月3日(金)、大阪府福祉部高齢介護室の山本亜希子さんをお招きして、大阪府の認知症施策について、お話を伺います。府の担当者の方と直接意見交換できる貴重な機会です。ぜひ、ご参加下さい。

  • テーマ:大阪府の認知症施策について
  • 日時:2018年8月3日(金)13時30 分~16時
  • 場所大阪市立阿倍野民学習センター3階・研修室
  • 講師:山本亜希子さん(大阪府福祉部高齢介護室・介護支援課・認知症・医介連携グループ副主査)
  • 参加費:会員、無料/非会員、500円(資料代)

『ふれあい・おおさか』2018年7月号掲載のお知らせ

大阪府支部機関誌『ふれあい・おおさか』2018年7月号を、ホームページ上から閲覧可能にしました。この記事の下にあるリンクをクリックすると、PDF 形式で表示されます。

今月号には、災害にあわれた会員さんに対する「家族の会」の救援基金のお知らせが掲載されています。大阪北部地震や度々の豪雨などで、会員の皆さんの中にも被災された方がいらっしゃるのではないでしょうか。金額は少ないですが、ぜひご活用下さい。なお、詳しい申請方法などについては、7月号の2ページをご確認下さい。

ここをクリック!> 『ふれあい・おおさか』2018年7月号

『ふれあい・おおさか』2018年6月号掲載のお知らせ

2018年6月18日午前7時58分に発生した「大阪北部地震」の被害にあわれました皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と、皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。

大阪府支部機関誌『ふれあい・おおさか』2018年6月号を、ホームページ上から閲覧可能にしました。この記事の下にあるリンクをクリックすると、PDF 形式で表示されます。

今回は6月1日に開催したつどい「大切な人を看取ること 大切な人を看取ること~認知症介護家族の立場から~」の記事と、総会でご報告した平成29年度事業報告などを掲載しています。総会やつどいに参加できなかった会員の皆様も、ぜひご一読下さい。

ここをクリック!> 『ふれあい・おおさか』2018年6月号

第310回つどい「大切な人を看取ること――認知症介護家族の立場から」を開催しました。

tsudoi310

2018年6月1日、講師に宮本友介さん(大阪大学人間科学研究科・助教)をお迎えし、第310回つどい「大切な人を看取ること――認知症介護家族の立場から」を開催しました。

当日は、初参加の方を含む34名(女性21名、男性13名)の皆さんにご来場いただきました。

宮本さんには、昨年度大阪府支部が協力した「看取り」に関するアンケートの結果についてご報告いただいた後、西川勝・大阪府支部副代表と対談形式でご講演いただきました。講演の後の質疑応答では、会場にお越しいただいた皆さんから、看取りに関する経験談だけでなく、現在介護で抱えている悩みまで、幅広くお話しいただきました。

写真は、終了後の一枚です。左から、西川・支部副代表、木寺喜義・支部代表、宮本さんです。

次回のつどいは、8月3日(金)の予定です。